はじまりは丹頂の求愛ダンス・冬のロマンス

タンチョウの求愛ダンスからすべてがはじまった ストーリー 東京からどこへでも 歩いて歩いて その土地のシンボルを求めて ロマンスとリゾートの世界観を描きたい それって べつになにか物事があること 目的があることではなく ただただ いつまでも見続けることができること いごこちのいいよりどころとなること 情景を感じること磨ぎすます その時にしかないかっこいい 美しい旬感を この時の写真を 未来へ希望と自信につなげていきたい

はじまりは冬のロマンスから


The story that everything started from the courtship dance of the Grus japonensis. From Tokyo to Anywhere. Walking and walking. In search of the symbol of the land. I want to draw romance and the resort world. It is not that there is something, there is a purpose. Be able to continue watching forever. To be a cozy haven forever. To sharpen the senses. It is a sense of cool season only at that time. It is a sense of beautiful season only at that time. I want to connect the photograph at this time to hope and confidence in the future.

The beginning is the romance of winter.