オリンパスのみなさんと!Junn着る写真展

オリンパスのみなさんと!Junn着る写真展
オリンパスのみなさんと!Junn着る写真展

最終日、今回「着る写真展」ではたいへんお世話になりましたオリンパスのみなさんと記念写真お願いしました。どんどん会期が迫るなか、最初は「太田さん!頭の中まとまってないでしょ!」「はい!まとまってません!」「大丈夫?!」からはじまりました。コンセプトめいたことはだれでも言えるけど、実行可能な状態にせねばと凡走することに。写真展がなかなかできなくなる環境にあるなか、選ばれてやらせていただく以上やらねばと思いに、ぼんやりと浮かぶ「体感型写真展」。かついままで写真を知らない人に写真ギャラリーに来てもらうにはどうすればいいのか。アイデアを出しては消し出しては消しの繰り返し。そんな中、ワンピースがふと頭の中に落ちてくる。オリンパスさんに「写真をプリントしたワンピースをハンガーにひっかけて展示してもいいですか?」「それならできるよ!」と。ここから着る写真展がはじまりました。

次に実現する上で、自分の作品、コラボレーション、イベント、会場現地、来場者とのとにかく安全無事にやりきるための帳じりあわせを考える。ここめちゃくちや大変でしたが、いろいろとオリンパスさんと話しをしながら、最終的に、丸山さんから「いままでないことだけと、よめないことあるけど、とにかく安全に配慮してくれれば自由にやってみるといい。」と許可を得ることができ今回開催することできました。開催中も細かいところでいろいろありましたが無事何事もなく終わることできました。最終日控え室を片付けてる時に張さんからふとこんな話しをいただきました。「太田さんの写真をひとことで言うと、ココロです。」「女性にはいろいろな感情があります。」「嬉しかったり、悲しかったり。」「そんな感情をあらわした写真だと思います。」「だから写真をみて泣く女性もいるのだと思います。」と。ジャンル分けのできない自分の写真、ただ綺麗な柄を作ってるわけでもない写真、とてもスッキリとする嬉しい言葉をいただきました。
写真展通しでお世話になりました丸山さん、イベントでお世話になりました塚本さん・張さん、実行に向けて相談やつないでいただきました菅野さん・田中さん、写真をいろいろ撮っていただきました田中さん、何かやる男だと言って押していただきました隠岐さん!

オリンパスのみなさん!とてもお世話になりました!本当にありがとうございました!おかげさまで素晴らしい機会いただくことできました!


On the last day, I asked a commemorative photo of Olympus who was very indebted for this exhibition. As the session approaches, the first is “Junn! You don’t have a lump in your head! Yes! It is not settled! Are you okay? It started from. Anyone can say that it is a concept, but it is up to the state to be feasible to run. In an environment where photo exhibitions are not readily available, the “Experience-type photography exhibition” Floats in the mind of the desire to do more than being chosen. And how do I get people who don’t know the photos to come to the photo gallery? I put out the idea and erase it and repeat it erasing it. In such a way, one piece suddenly falls into my head. Olympus says, “Can I get a piece of my photo printed on a hanger and display it?” I can do that! and。 A photo exhibition to wear from here has started.

Next, I think about my work, collaboration, events, venue, and visitors in order to be safe and secure. It was hard and Chakuchi here, and while talking to Olympus in various ways, finally, from Mr. Maruyama, “There is no goodness and not only that, if you take care of the safety anyway, you can try freely. I was able to get permission and to hold this time. There were a lot of details during the event, but I was able to finish without any incident. When I was clearing up the waiting last day, Mr. Zhang told me this story. “When you say a picture of Mr. Ota, it is kokoro. Women have a lot of emotions. Glad or sad. I think it is a photograph expressing such feelings. “So I think some women cry when they look at the pictures. and。 Photos of myself that can not be divided into genres, photos that are not just making a beautiful pattern, I received a nice word to be very refreshing.

Thank you for taking care of me through the exhibition, Ms. Tsukamoto, Ms. Zhang, who was indebted to the event, Mr. Kanno and Mr. Tanaka, who took a lot of pictures, Mr. Tanaka, Mr. Oki told me that he was the man to do something.

Olympus! Thank you very much! Thank you so much! Thanks to you, I was able to have a great opportunity!

Thanks Photography by Tsuyoshi Tachibana
Thanks Photography by Fusao Kanno
Thanks Photography by Hiroshi Tanaka

オリンパス
https://olympus-imaging.jp/

●自分の写真とコラボいただけるい方、お知り合いの方いらっしゃいましたら是非ご紹介ください。お気軽にメッセージいただければと思います。メッセージはこちらから→http://jennyjunn.com/contact/

●写真展概要→goo.gl/uzTzv4(短縮URL)
https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/827
●地図・アクセス→goo.gl/BM4NmZ(短縮URL)
https://fotopus.com/olympusplaza/showroomgallery/access_map/map_tokyo.html